坂本 “師匠”宮本からダメ出し連発も「これが近道」

[ 2012年1月9日 06:00 ]

自主トレで巨人の坂本(左)にアドバイスするヤクルト・宮本

 ダメ出し連発!巨人・坂本勇人内野手(23)が8日、愛媛県松山市内でヤクルト・宮本慎也内野手(41)らとの合同自主トレを公開。今回から守備の職人に自ら志願して弟子入りしたが、練習ではベテランから容赦ないしっ責の声が飛んだ。

 「勇人っ、頭が突っ込んでいるぞ!」「コラッ!今、楽して捕っただろ」「足の使い方が違う」。坂本の額に大粒の汗が浮かび、表情もゆがむ。これぞ愛のムチ。「守備がうまくなりたいと思っていた。ショートで超一流と言われる人とやるのは覚悟がいるし緊張する。でもこれが近道」――。球団の垣根を越えて、相手の胸に飛び込んだ。そこで得たものは大きかった。

 同僚の寺内、ヤクルト・山田と3人で、宮本が転がす簡単なゴロの捕球を繰り返した。しかし「師匠」は坂本の無駄な動きを見逃さない。約10分ほどの練習を3度繰り返すと人工芝の上にへたり込む。その横で宮本が言う。「(今までは)これくらいで大丈夫ということでやってきたんだと思う」。坂本は4年連続で遊撃手のリーグ失策王。守備範囲が広いためでもあるが、2年連続V逸の責任も感じている。肩は坂本の方が強い。対する宮本は打球に対して半円を描くように回り込み、勢いをつけて一塁に投げる。その足の動きを学び「全然違う。それは発見」。昨季の失策数は坂本18に対し宮本は1。まさに生きた教科書だった。

 恒例のグアム自主トレは今月中旬からに変更。まず職人の下で学んで、守備の基本をあらためて体に染み込ませた。宮本から「坂本と寺内の二遊間で10年心配ないと思われるようになってくれれば」とエールを送られた坂本は、「ゴールデングラブを狙えるようにやっていく」。ダメ出し、そして成長。今季の坂本は大きく生まれ変わる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年1月9日のニュース