巨人入り決断…村田「やはり勝ちたいし、優勝争いがしたい」

[ 2011年12月8日 11:57 ]

記者会見で、巨人入りを表明する横浜の村田修一内野手

 8日に行われた横浜DeNAとの2度目の交渉を終えて記者会見し、巨人への移籍を表明した村田修一内野手(30)。約15分の交渉で退団の意思を伝えた村田は「ベイスターズに9年間お世話になったが、移籍することを決断した。やはり勝ちたいし、来年から優勝争いがしたい」と理由を説明。巨人移籍を明言し「ベイスターズに負けないよう全力で野球に取り組みたい」と意気込みを語った。

 村田から連絡を受けた巨人の原沢敦球団代表によると、原辰徳監督は村田の入団決定に「いいニュースですね」と話したという。

 村田は日大から2003年に横浜に入団。07、08年と本塁打王を獲得した。今季は主将を務め、打率2割5分3厘、20本塁打だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年12月8日のニュース