岩瀬前人未到300セーブ 落合監督「初めてに価値がある」

[ 2011年9月4日 06:00 ]

<広・中>岩瀬はプロ野球史上初の通算300セーブを達成し記念ボードと花束を手に笑顔を見せる

セ・リーグ 中日5―2広島

(9月3日 マツダ)
 照れ屋の守護神が珍しく大きなガッツポーズを見せた。9回2死、石原の力のない飛球が大島のグラブに収まった瞬間、中日・岩瀬は前人未到の領域に足を踏み入れた。

 「日本の野球としては初めてだと思うので、一番最初にできたというのはうれしい。この前に失敗してしまったんで、きょうはしっかり決められるようにと思っていた」

 日本プロ野球界初の通算300セーブ。誰一人突破したことがない大台を、ついに左腕が突き破った。王手をかけて初めて登板した1日阪神戦(ナゴヤドーム)では、3―2の9回2死二塁から新井に同点適時打を浴び、まさかの救援失敗。それでも球場を離れればスパッと気持ちを切り替えられるからこそ、ここまでの数字を積み重ねてきた守護神。雨天中止となった2日は「ほとんど何も考えなかった」と、野球のことを一度頭から外し、この日の3者凡退締めに結びつけた。

 「今はホッとしています。ガッツポーズ?これでしばらく余分なことを考えなくていいと思ったんで、出ちゃいました」

 300という数字は、落合監督から課せられたノルマでもあった。昨年の250セーブ達成時には、ねぎらいの言葉はなく「300になったら認めてやる」と突き放された。岩瀬は「“誰もいないところに行け”と言われていた。“200台はいるだろ。300台は誰もいないじゃねえか”ってね」と振り返る。プロ野球史上ただ一人、3冠王を3度獲得した指揮官だからこそ課せられる究極のノルマだった。

 「日本の野球界で初めて300までいったことに価値があるんだ。史上最多とか新記録とかいうよりもな」

 独特の言い回しで岩瀬を称えた落合監督。指揮官同様、球史に不滅の名を残すであろう左腕はまだまだ記録を伸ばし続ける。

 ≪日米通算最多は佐々木(横)の381S≫岩瀬(中)が3日の広島戦で今季24セーブ目を挙げ、プロ野球史上初の通算300セーブを達成した。初セーブは99年6月23日の巨人戦(ナゴヤD)で記録。ちなみにメジャーで通算300S以上はトレバー・ホフマン(ブルワーズ)の601Sを筆頭に23人がマーク。また、日本人の日米通算300S以上は、佐々木主浩(横=381S)、高津臣吾(ヤ=313S)が達成している。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年9月4日のニュース