高野連が調査結果発表 高校球児減少…加盟校も25校減

[ 2011年7月8日 06:00 ]

 日本高野連は7日、全国の野球部の部員数と加盟校数(5月末現在)の調査結果を発表し、硬式部員数は16万6925人で、昨年から1563人減り、2年連続の減少となった。

 加盟校数は25校減の4090校で、6年連続で減少した。都道府県別での部員増加は15で、最も増えたのは兵庫の94人。減少は32で最も減ったのは福島の232人。福島県高野連の宗像治理事長は「福島第1原発事故の影響で新入部員が減ったことが響いた」との見解を示した。1年生がその後進級して3年生になった時の残留の割合を示した「継続率」は過去最高の84・9%(昨年83・8%)だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年7月8日のニュース