オリックス 6回に逆転!寺原9勝目

[ 2011年7月8日 22:00 ]

西武戦に先発したオリックス・寺原

パ・リーグ オリックス7―3西武

(7月8日 西武D)
 オリックスは2―3とリードを奪われた直後の6回、無死満塁からバルディリスの左前打で同点とし、大引の適時打で勝ち越した。8回にも3点を加えた。

 寺原が6回3失点で1シーズンの連勝では自己最多となる7連勝で9勝目をマーク。「逆転してくれて感謝としか言いようがない」と苦笑いも交じった。

 新天地で「初心に帰ってやれている」と語り、かつての輝きを取り戻している。勝ち星はチームトップを独走し、3年ぶり2度目のオールスター出場も決まった。右腕は「チームもいい流れなんで、このまま最後までいけるよう頑張りたい」と充実した表情だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年7月8日のニュース