PR:

羽生200・49点 ジャンプミスも今季3度目200点超えで1位

<フィギュアスケート国別対抗戦2日目>男子フリー、ジャンプの失敗が響き得点を伸ばせなかった羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦第2日は21日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子フリーで羽生結弦(22=ANA)は200・49点とし、1位となった。

 20日のSPでは4回転ループが1回転になるなど精彩を欠き、83・51点でまさかの7位。フリーは冒頭の4回転ループを決めた後、4回転サルコーが1回転に。しかし演技後半に4回転サルコーと3回転トーループの連続ジャンプ、4回転トーループ、4回転トーループ―1回転ループ―3回転サルコーと初めて演技後半に4回転3発に成功させた。

 自己ベストの223・20点(17年世界選手権)からは20点以上低い点数に終わったものの、今季3度目の200点超えで終えた。

 22日はペアと女子のフリーが行われる。

[ 2017年4月21日 19:58 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月17日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画