PR:

藤あや子、大胆露出!シノラードレスで熱唱「ギリギリまで出しました」

 今年デビュー30周年を迎えた演歌歌手の藤あや子(55)が10日、30周年記念としての両A面シングル「たそがれ綺麗/からたちの小径」(11日リリース)の発売イベントを都内で行った。

 30周年の新たなスタートという思いを込めて、赤を基調とし背中が大きく開いたドレス姿で登場。「たそがれ…」を情熱的に歌い上げ、招待されたファンクラブ会員約150人を酔わせた。

 その後、ドレスをデザインしたタレントの篠原ともえ(37)が登場。かねてより製作のラブコールを受けており、藤と同世代の等身大の女性をイメージして南こうせつが書き下ろした曲のイメージに合わせ、これまでにない衣装をデザインしてもらったという。

 篠原は「私の方からお願いして作らせてもらいました。肌がきれいだという第一印象だったので、こういうデザインにしました」と“背中開き”の理由を説明。シースルー状のものを羽織って歌い始め、途中で取ると肌が露出された姿になるという演出で、「自分でアイデアを出させてもらいました」と明かした。

 「今年は30周年ということで、気合の入り方が違います。ギリギリまで(肌を)出しました」と話した藤。普段は着物姿が多く露出は少なめだが、「実際はドレスにピッタリの体型なんですよ」と自画自賛してみせた。引き締まった、たるみのないボディーは、毎朝やっているヨガで鍛えたものだという。

 篠原は「いつかはNHK紅白歌合戦での衣装をやりたい」とデザイナーとして大舞台を見据えた野望を口にし、「(ドレス姿の藤は)天女みたいでしょ」とファンに呼び掛けた。これを受けて、藤は酉年にちなみ「飛躍の年にしたい。この天女(の姿)で天に昇っていきたい」と決意を新たにしていた。

 今回の両A面シングルは南がプロデュースし、「たそがれ…」では「夢一夜」をヒットさせた作詞家阿木燿子と再びコンビを組んだ。「からたち…」は島倉千代子さんの遺作をカバーした。

[ 2017年1月10日 14:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ