サブカテゴリー

PR:

仲間由紀恵 琉球舞踊で磨かれたミリ単位のこだわり

柔らかな笑みを浮かべる仲間由紀恵
Photo By スポニチ

 上京以来仕事ひと筋。周囲から「無趣味の女」の異名をとる女優、仲間由紀恵(37)が、人生で仕事と同じほどの情熱を傾けたものが一つだけある。故郷・沖縄に伝わる「琉球舞踊」だ。民謡の調べに乗せ、細かい動きで心情を表現する奥深さに、少女時代の10年間をささげた。当時の日々は、ミリ単位の演技で勝負する役者の世界に生きる糧であり、礎だ。

 8日に初回放送を迎えたWOWOWの主演ドラマ「楽園」の第1話。クライマックスで、記者役の仲間は、自らにトラウマを植え付けた因縁の凶悪犯と対峙(たいじ)した。感情は沸騰。椅子を立ち、静寂を破る。「あなたはただの人殺しのガキよ!」

 普段は明るく楽しい現場の空気が張り詰める。向き合う距離、眼球の動きにまで気を配る。徹底的に自身を俯瞰(ふかん)する。かつて汗を流した稽古場で、どれだけ自信のある踊りができても「あらん、あらんどー(そうじゃないよ)」と妥協を許さなかった琉球舞踊の師匠のように。

 「人生で本当に打ち込んだと言えるのは、琉球舞踊だけかもしれない」

 幼少時、水泳などたくさんの習い事をしたが、どれも続かなかった。上京後はスキューバダイビング、乗馬などに挑戦したが「仕事で必要だからやった感じ」と長続きしなかった。

 出合いは5歳。母親ほどの年齢の女性の踊りを見て「心打たれて涙した」という。両親に「習いたい」と訴え、その女性に弟子入りした。

 「波が寄せて返すような手の動きがあるんですが、愛する人へ“寄せる”思いを表したりしているんです。自分の動きで、ストーリーが紡がれていくのが楽しかったんじゃないかな」

 イメージより練習は過酷。「決まった曲に乗せてひたすら踊る。そして、自分が思う体の位置と実際の位置が違うことを、ひたすら指摘される。動きの質も、ここは優しい気持ち、ここは元気な気持ち…と何度も何度も教えられた」。連日、夜まで練習。玉の汗を流した。

 15歳のとき、流派で師範昇格への登竜門にあたる新人賞を、資格初年度で獲得。翌年上京を控え、最初で最後のチャンスだった。平日、吹奏楽部の部活後に行う練習だけでは足りず、夏休みも返上するほど没頭した。東京では自身の流派の教室がなく、続けられなかったが「芸能の仕事をしていなかったら、一生やっていたと思う」と言い切る。

 芸能界に飛び込んでからも、体には琉球舞踊が息づき続けた。下積みの頃のオーディション回り。「ダンスがあるでしょ。キレッキレに踊ってるつもりなのに、私だけ当たりが柔らかいと言われたり…」と笑う。逆に時代劇の時は、所作の指導者に「覚えが早い」とよく褒められたりした。

 何より女優業と共通するのは“カラダで思いを表現する”点だ。

 「答えのないものに向かって、自分の動き、しぐさだけで表す。この 感覚は非常に近いと感じます」。役者にはセリフがあるが、言葉だけでは成立しない。「たとえば腰を上げて何か言うにしても、1センチ遠くても、逆に近くてもダメ」。画面上でのたたずまいに無駄がないほど、いい役者と言える。

 細かい動きを追究し、ひたすら踊った経験からか、共演者のカラ ダの使い方にはよく目が行く。特に、今回主演する「楽園」では「黒木瞳さんや小林薫さん…。“ミリ単位”でやってる人が多いですね」と話す。

 眉間の様子やふと見せる表情、背中の丸め具合…。第1回の放送では、心に複雑な暗部を抱えて多くを語らない人物たちが、カラダで物語るような場面が多かった。「見てる方は、具体的にこの距離が凄いとか分からないと思うけど、人間に思いがあるからこそ、その間合いになるんです」。そう熱弁する様子は、琉球舞踊の奥深さに魅せられた少女そのものだ。

 スキューバで見た景色には、人生観の変わる思いをさせられた。バイクに憧れたこともある。だが“自分にないもの”より、“これぞ自分”というものが琉球舞踊であり、仲間にとっての“夢中”の対象なのだ。女優業もしかり。「ご飯を食べるのも忘れたほどの、あのときの熱量がそのまま、生き方のベースというか、背骨になっていると思います」

 いまも心に刻まれる、厳しい思い出が一つある。腰を落としながらのすり足が、琉球舞踊の基本体勢。華やかな踊りの練習に時に気を奪われがちなとき「何日も踊らず、すり足だけをずっと繰り返しさせられたこともありました」。師匠は沖縄人らしい、おおらかで優しい女性だったが、その時は毅然(きぜん)としていた。「それだけ基本は大事なんだよ、という無言の教えだったと思います」

 そのとおり、女優としても基本を大切に磨き、いまの地位を築いてきた。

 「私はまだ ミリ単位まではできないです」と謙遜するが、“夢中”が育んだ確かな演技に、画面の前でまた誰かが魅了されるだろう。少女時代の自分のように――。

 ≪WOWOW、宮部みゆき作品ともに初挑戦≫「楽園」(日曜後10・ 00)は、宮部みゆき氏が代表作「模倣犯」の続編として著した同名小説を初映像化した話題作。仲間は「模倣犯」でのトラウマを引きずりつつ、謎の真相に迫るライター・前畑滋子を演じる。物語は、土井崎(小林薫)が当時15歳の娘を殺害し、遺体を自宅床下に16年間隠していたと自白することから始まる。その後、バラバラに見えるいくつかの事件が、一つの真実につながる。WOWOWドラマ、宮部作品とも初出演となる仲間は「監督と何度も話し合い、作り上げた。最後にどんな“楽園”が現れるか、楽しんでほしい」と話した。

 ◆仲間 由紀恵(なかま・ゆきえ)1979年(昭54)10月30日、沖縄県生まれの37 歳。95年に上京し、芸能界入り。00年のテレビ朝日「TRICK」、02年の日本テレビ「ごくせん」のドラマ2作がヒット。06年にはNHK大河ドラマ「功名が辻」に主演。15年は故森 光子さん主演の名作舞台「放浪記」の リバイバルに挑み高評価を得た。NHK紅白歌合戦の紅組司会4回は歴代3位タイ。

[ 2017年1月10日 10:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ