PR:

初出場の創成館が決勝進出 大阪桐蔭を撃破、明徳と決戦へ

明治神宮野球大会第4日高校の部   創成館7―4大阪桐蔭 ( 2017年11月13日    神宮 )

5回2死一、二塁、平松の右前打で生還した杉原(5)を迎えて盛り上がる創成館ベンチ
Photo By スポニチ

 高校の部は、初出場の創成館(九州)が、優勝候補の大阪桐蔭(近畿)を7―4で撃破。14日の決勝で初優勝を懸けて明徳義塾(四国)と対戦する。

 創成館は新チーム結成以降、練習試合を含めて負けがなかった大阪桐蔭に土をつけた。来秋ドラフト候補の相手3投手、柿木、横川、根尾から12安打7得点。3安打の峯主将は「勝てたことがびっくり。夢のよう」と興奮していた。

 九州勢は13年に優勝した沖縄尚学以来の決勝。当時は神宮枠で九州が1枠増え、創成館が甲子園に出場した。今年優勝すれば、今度は沖縄尚学に出場のチャンスが出てくる。「恩返ししようと言ってきた」と峯も力を込めた。

[ 2017年11月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月19日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム