PR:

DeNA 2年連続CSファイナル進出!初回に能見KO 阪神に“下克上”

セCSファーストステージ第3戦   DeNA6―1阪神 ( 2017年10月17日    甲子園 )

4回1死一塁、中越え2ランを放ったDeNA・ロペスは筒香に迎えられる
Photo By スポニチ

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージは17日、甲子園で第3戦が行われ、初回に阪神・能見をKOしたDeNAが6―1で快勝。2年連続のCSファイナルステージ進出を決めた。

 初回に先頭の桑原が出塁すると、梶谷、ロペスの連打で能見からあっさりと1点を先制。さらに1死満塁から嶺井が2点適時打を放ち、能見は1死しか奪うことができずに降板となった。

 4回には二塁打で出塁した倉本を三塁に置き、梶谷の中前適時打で待望の追加点。続くロペスには中越え2ランが飛び出し、リードを6点に広げた。

 先発のウィーランドは序盤から危なげない投球を見せ、5回まで無失点。6回に1点を失ったが、7回7安打1失点の好投でチームを勝利に導いた。

 阪神はベテラン能見が1死しか奪うことができず、1回を持たずにまさかのKO。打線もウィーランドの前に大山の適時打1本のみに終わり、レギュラーシーズン3位のDeNAに“下克上”を許してファーストステージ敗退となった。

 DeNAは18日に開幕するCSファイナルステージでレギュラーシーズン1位の広島と対戦する。

[ 2017年10月17日 21:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月20日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム