PR:

“世紀の死闘”ついに決着…延長50回 中京が3―0で勝利

<崇徳・中京>延長50回2死一塁、高瀬(右から3人目)を空振り三振に斬りガッツポーズをする松井(左から2人目)

第59回全国高校軟式野球選手権大会準決勝 中京3―0崇徳
(8月31日 明石トーカロ球場)
 第59回全国高校軟式野球選手権大会の中京(東海・岐阜)と崇徳(西中国・広島)の準決勝は31日、兵庫県明石市の明石トーカロ球場で延長46回から再開され、延長50回の末に中京が3―0で勝って、4日間に渡って繰り広げられた“世紀の死闘”にピリオドを打った。

 史上最長に並ぶ45回でも決着がつかず、3日連続のサスペンデッドゲーム(一時停止試合)となった一戦。3日間を1人で投げ抜いた中京・松井大河(3年)、崇徳・石岡樹輝弥(3年)がこの日も引き続き登板。両投手の投げ合いで49回まで0行進が続いたが、延長50回無死満塁から2番・後藤が右翼線へ2点適時二塁打を放ち均衡を破ると、さらに無死二、三塁から内野ゴロの間に1点を加え、松井がその裏の崇徳の攻撃を抑えた。

 中京は引き続き三浦学苑(南関東・神奈川)との決勝に臨む。

 ▽サスペンデッドゲーム 全国高校軟式野球大会の準決勝までに適用される。15回ごとにいったん試合を打ち切り、後日次の回から再開する。試合が継続しているため、再開した回で決着する場合もある。選手は一度退くと、再びその試合に出場できない。日本高野連は硬式に比べ、軟式は投手の肘や肩への負担が軽く、日程の消化も進むため採用している。

[ 2014年8月31日 10:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月17日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム