【バレー女子】18得点の古賀紗理那「楽しんで試合したい」 23日決勝で金メダル懸けイタリアと激突

[ 2024年6月23日 01:10 ]

ネーションズリーグ決勝トーナメント準決勝   日本3-2ブラジル ( 2024年6月22日    タイ・バンコク )

<日本・ブラジル>スパイクを放つ古賀(C)volleyballworld.com
Photo By 提供写真

 バレーボールのネーションズリーグ女子決勝トーナメント準決勝が22日、タイ・バンコクで行われ、世界ランク7位の日本は同1位のブラジルと対戦。ブラジルを3-2(26-24、20-25、25-21、22-25、15-12)で下し、大会初メダルを確定させた。23日の決勝では同2位のイタリアと対戦する。

 主将の古賀はチーム2番目となる18得点。最終セットは相手エース・ガビとの打ち合いにも、最後まで集中力を切らさなかった。

 「私たちが勝ち進んでいくために、壁に立ちはだかる相手を接戦でとることができて、本当にホッとしている。チームとして組織的なオフェンスができたのが、勝ち切れた要因なのでプラスに捉えている」

 大会初メダルを確定させ、23日の決勝ではイタリアと対戦する。「集中してコンディションを整えてやっていきたい。こういうチャンスはないと思うので、明日は楽しんで試合したい」と切り替えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月23日のニュース