【陸上】北口榛花が64m28!11連勝でストップも今季自己ベストで弾み

[ 2024年6月23日 06:45 ]

北口榛花
Photo By スポニチ

 陸上女子やり投げで昨夏世界選手権女王の北口榛花(JAL)が22日、フィンランド・クオルタネで行われた「WAコンチネンタルツアー・シクオルタネゲームズ」に出場し、今季自己ベスト64メートル28の2位で今後に弾みをつけた。

 3投目に64メートル08の今季ベストでトップに立つが、5投目で64メートル71を投げたハドソン(オーストラリア)が逆転。

 昨年7月から続いていた連勝は11でストップしたが、得意の最終投てきで今季ベストをさらに伸ばす意地を見せた。

 これで北口は今季5試合を消化。既にパリ五輪出場が決まっているが、拠点の欧州から帰国し27日開幕の日本選手権(新潟)にも出場する予定。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月23日のニュース