バドミントン五輪代表12選手発表!奈良岡は男子エースとして覚悟「桃田の思い背負う」

[ 2024年5月22日 04:40 ]

バドミントン男子シングルスのパリ五輪代表に決まり、記者会見する奈良岡功大
Photo By 共同

 日本バドミントン協会は21日、都内で会見を開き、パリ五輪代表12選手を発表した。

 昨年世界選手権で準優勝し、男子シングルス日本勢初のメダルが期待される奈良岡功大(NTT東日本)は「自分が(メダルを)獲れればいいけど、甘くない舞台だと思う。桃田さんの思いも、男子シングルスの思いも背負って頑張る。悔いのない五輪にしたい」と代表を引退した桃田賢斗に代わるエースの覚悟をにじませた。

 21、22年に世界選手権を連覇した女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は3大会連続出場。過去2回はいずれも準々決勝で敗れており「今回の五輪では笑って終われるように、ベストを尽くして頑張りたい」と意気込みを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月22日のニュース