久常涼 通算11アンダーでメジャー自己最高18位 松山は通算8アンダー35位

[ 2024年5月21日 04:00 ]

最終ラウンド、5番でバーディーパットを決める久常涼
Photo By 共同

 米男子ゴルフツアー全米プロ選手権最終日は最終ラウンドが19日にケンタッキー州バルハラGC(パー71)で行われ、24位から出た久常涼(21=SBSホールディングス)が5バーディー、1ボギーの67と伸ばし、通算11アンダーでメジャー自己最高の18位で終えた。

 松山英樹(32=LEXUS)は71で通算8アンダーの35位だった。ザンダー・シャウフェレ(30=米国)が通算21アンダーで初日からの首位を守りメジャー初制覇。2年ぶりの通算8勝目で、賞金333万ドル(約5億2000万円)を獲得した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月21日のニュース