ロックダウン中に…自宅でひとり筋トレ後心臓発作で死去 27歳豪ラグビー選手

[ 2020年4月21日 05:30 ]

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
Photo By 共同

 ロックダウン中のオーストラリアで、自宅で練習していたラグビー選手が死去したと、英紙インディペンデントなどが19日に報じた。

 ブリスベン郊外を拠点とするウィナムマンリーのミッチ・クローニン氏が17日に裏庭のプールで亡くなっているところを家族が発見。筋トレ後にクールダウンしている際に心臓発作を起こしたとみられている。27歳だった。外出制限の中、孤独な練習を強いられているアスリートにとっては衝撃的な事件と言えそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月21日のニュース