柔道界で初のコロナ死者 講道館の松下三郎理事、84歳 16日に陽性診断

[ 2020年4月20日 05:30 ]

松下三郎理事
Photo By スポニチ

 柔道の総本山・講道館の松下三郎理事が19日に死去した。84歳だった。松下氏は今月5日まで講道館に勤務しており、6日から自宅待機。10日夜に体調不良を訴え、13日に新型コロナウイルスのPCR検査を受けた。15日に体調が悪化し、神奈川県内の病院に救急搬送され、16日に陽性と診断され、集中治療室(ICU)に入っていたという。

 松下氏は日大時代に全日本学生選手権を制した強豪として知られ、全日本柔道連盟(全柔連)副会長、日本オリンピック委員会(JOC)理事などを歴任。03、05年ユニバーシアードの日本代表選手団団長も務めた。近年は講道館柔道九段として指導に当たっていた。

 講道館と同じビルに事務局を構える全柔連は役員、職員合わせて19人が新型コロナウイルスに感染し、クラスターの疑いがある。講道館は前館長の嘉納行光氏(享年87)が先月8日に死去し、図書資料部長の村田直樹氏(享年70)も今月9日に亡くなったばかり。新型コロナウイルスによる柔道界の死者は初めてとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月20日のニュース