PR:

青学両エースが対照的な抱負 田村「プロ意識もって」下田「アイマスライブ楽しみ」

4連覇を伝えるスポニチ本紙を手に喜びを語る(左から)田村、原監督、下田
Photo By スポニチ

 箱根駅伝で総合優勝した青山学院大学の選手たちは4日早朝から日本テレビの情報番組などに出演するなど多忙を極めた。3区で区間2位だったエース田村和希(4年)は「4年間では優勝しかしていないので、当たり前の年末年始の光景ですね」と疲れた表情の中にも充実感を漂わせていた。大学駅伝で区間賞合計6度の“駅伝男”は住友電工に就職。「ニューイヤー駅伝もあるし、その先のマラソンも考えている。プロ意識を持って取り組んでいきたい」と先を見据えていた。

 8区で区間賞を獲得し、GMOアスリーツに所属して競技を続ける下田裕太(4年)は「いい形で大学を終われたなと実感しています」と振り返った。自分へのご褒美として「アイドルマスターのライブに2日間行けるのが楽しみ」とつかの間のオフを待ちわびていた。

[ 2018年1月5日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:07月16日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画