シンクロの中村麻衣が引退 リオ五輪チームで銅メダル

[ 2017年9月20日 11:20 ]

 シンクロナイズドスイミング日本代表で、リオデジャネイロ五輪チーム銅メダルの中村麻衣(井村シンクロク)が現役を引退したことが20日、関係者への取材で分かった。正確な技術に定評があったほか、リフトではジャンパーとして活躍し、日本シンクロ復活に貢献した。

 28歳の中村は、今年はデュエット・テクニカルルーティンでエースの乾友紀子(井村シンクロク)のパートナーも務め、7月の世界選手権では4位だった。

 リオ五輪で出場機会のなかった林愛子(井村シンクロク)も引退する。(共同)

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年9月20日のニュース