稀勢の里「成長できた一年」に満足も「来年はまた違う一年に」

[ 2016年12月28日 05:30 ]

大相撲初場所(1月8日初日)

イベントで赤ちゃんを抱く大関稀勢の里
Photo By 共同

 首から肩にかけての痛みを訴えて冬巡業を途中離脱した大関・稀勢の里は、田子ノ浦部屋で小結・高安と胸を合わせた。

 両国国技館で行われた力士会の後は「赤ちゃん抱っこ」の特典付きチケットを買ったファンとの撮影会に参加。負傷について聞かれると「何ともないよ」と無事を強調した。

 今年は初の年間最多勝(69勝)となりながら初優勝には届かなかった。それでも「星数は伸びたし、成長できた一年」とプラスに捉えている。「来年はまた違う一年にしたい。いいところをしっかりと伸ばしたい」と飛躍を誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月28日のニュース