日本トップリーグ新会長 サッカー川淵最高顧問を選出

[ 2015年5月30日 05:30 ]

 団体球技の国内リーグ活性化を目指す日本トップリーグ連携機構は都内で総会を開き、新会長に日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問(78)を選出した。

 森喜朗会長(77)は名誉会長に就任。日本バスケットボール協会の改革を主導した川淵氏は、その他の競技団体のガバナンス(統治)改革に乗り出す方針を示した。日本代表選手が合宿中に禁煙エリアで喫煙した問題が発覚した日本ハンドボール協会を最初の対象とし「中に手を突っ込み変えていく」と語った。今後はホッケーやバレーボールも調査する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2015年5月30日のニュース