奈良代表・山辺 2年生部員10人飲酒発覚も選手権出場へ

[ 2020年12月12日 05:30 ]

記者会見する奈良県立山辺高の吉岡敏之校長(右)ら
Photo By 共同

 2年生のサッカー部員10人による飲酒が発覚した奈良県立山辺高校は11日、奈良県庁で記者会見を開き、改めて全国高校選手権に出場する意向を明かした。

 飲酒部員の出場については、この日から実施されている特別指導を終えた後、同校の吉岡敏之校長らが見極め判断されることになった。文書訓告を受けた吉岡校長は、出場を辞退しない理由を「今回の事案は私の認識の甘さによるもの。これで子供たちの出場機会を失ってはいけない」と説明した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年12月12日のニュース