J1神戸ポドルスキ 別メニュー調整も状態上向き トレーニング器具“破壊弾”

[ 2019年5月6日 14:02 ]

公開された6日の練習で別メニュー調整をするポドルスキ
Photo By スポニチ

 離脱が続いている神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が、トレーニング器具を破壊するシュートを放ち、状態が良くなっていることをうかがわせた。

 5連敗を喫した札幌戦からオフを挟み、6日に神戸市西区で公開練習を実施。右太腿裏の違和感で2試合続けて欠場している背番号10は、依然として別メニュー調整だったものの、スパイクを履いて精力的に汗を流した。

 ロングパスなどを終え、クラブハウスへと引き揚げる直前には、ゴールに向かって強烈な左足シュート。この一撃により、棒状でプラスティック製のトレーニング器具が折れるハプニングが起きた。

 主将辞任やボールボーイへの暴言、自らのツイッターで欠場を明かしたことから謹慎処分を受けるなど、騒動が続いてきたポドルスキ。12日の鹿島戦(ノエスタ)で3試合ぶりに復帰する可能性がある中、吉田監督は「状況を見ながら」と説明した。

 コンディション不良により札幌戦を欠場した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)は、主に室内で別メニュー調整を行った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月6日のニュース