横浜・中沢佑二 ほろ苦40歳誕生日 後半41分失点でドロー

[ 2018年2月26日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   横浜1―1C大阪 ( 2018年2月25日    ヤンマー )

試合後、バースデーケーキを持ち笑顔の横浜DF中沢
Photo By スポニチ

 ほろ苦いバースデーとなった。横浜のDF中沢はこの日が40歳の誕生日。40歳はJ1のフィールドプレーヤーでは最年長で、プロ20年目の節目ともなるメモリアルな開幕戦だった。しかし、1―0とリードして迎えた後半41分、右クロスに対し中沢のクリアが甘くなり、FW柿谷に拾われ失点。悔しい引き分けに終わった。

 堅守で知られる横浜だが、ポステコグルー新監督は攻撃的サッカーを掲げチームに戦術を落とし込んでいる。ハイライン、ハイプレスと昨季までとは異なるチャレンジで、中沢も「運動量がきつい」と苦笑いだが、「このスタイルで1年間やっていくというものは見せられた」。昨季4戦全敗のC大阪を相手に一定の手応えは得た様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年2月26日のニュース