横浜、19歳・遠藤が初ゴール “兄貴”齋藤学に勝ち星届けた

[ 2017年10月1日 05:30 ]

明治安田生命J1第28節   横浜2―1G大阪 ( 2017年9月30日    吹田S )

後半44分、横浜・遠藤(左)は勝ち越しゴールを決め大喜び
Photo By スポニチ

 横浜はMF遠藤のリーグ初ゴールが値千金の決勝弾となった。1―1の後半44分、MFマルティノスのシュートのこぼれ球に詰めてネットを揺らした。本職ではない右サイドバックでの途中出場だったが、「どんな形でもこれが僕のリーグ初ゴール」と笑った。

 MF斎藤が右膝前十字じん帯損傷で、8カ月の長期離脱を余儀なくされた。試合後は選手全員が背番号10のシャツを着用。「学くんがケガをして誰かが代役をやらないといけない状況で、もちろん自分がやりたいと思っていた」と話す“弟分”が4戦ぶりの勝ち星とエールを主将に届けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年10月1日のニュース