横浜 豪代表DFデゲネク獲得 1860ミュンヘンCEO「本人が日本行き希望」

[ 2017年1月26日 20:41 ]

 J1横浜が、外国人センターバックの補強に成功した。ドイツ2部1860ミュンヘンは26日、クラブ公式サイトでオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(22)との契約を解除したと発表。横浜と2年契約を結んだという。強化責任者のパワー氏は「ミロシュは日本でプレーするチャンスを得るために、契約解除を求めてきた。その要望を尊重し、合意した。幸運を祈っている」と説明した。

 デゲネクは身長1メートル87のセンターバックで、右サイドバック、ボランチもこなせる。シュツットガルトの下部組織出身で、15年に1860ミュンヘンに加入し、昨季は2部で25試合に出場(1得点)。今季は7試合の出場にとどまっていた。オーストラリア代表では各年代別に選出され、昨年5月にイングランド代表との親善試合でA代表デビューを果たした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年1月26日のニュース