U19日本 初V王手!“主力温存”もベトナムに3発快勝

[ 2016年10月28日 03:02 ]

決勝進出を果たしたU―19日本代表イレブン
Photo By 共同

 U―19日本代表は27日、U―19アジア選手権準決勝でベトナムと対戦。エースのFW小川航基(磐田)やMF堂安律(G大阪)ら主力をスタメンから外すなど温存しながらも3―0で勝利。10年ぶりの決勝進出を果たし、初優勝へ王手を掛けた。決勝は30日にサウジアラビアと対戦する。

 すでに4強入りし、来年5月に韓国で行われるU―20ワールドカップ出場権を獲得した日本はFW小川やMF堂安ら主力組を温存。準々決勝のタジキスタン戦からスタメン10人を入れ替えて臨んだ。

 日本は前半からボールを支配し攻め立て、開始6分でFW岸本武流(C大阪)が先制ゴールを決めるとその4分後にも追加点。DF初瀬亮(G大阪)のFKを相手GKが弾き、このこぼれ球を拾った味方から中央へボールが送られると、FW中村駿太(柏U―18)が右足で確実に押し込んだ。

 前半28分にはFW岸本がエリア内で倒されPKを獲得。しかし、キッカーのDF初瀬が相手GKに止められてしまい追加点ならず。

 2―0で後半へと折り返すと6分、FW中村がゴール前で相手DFのクリアボールにうまく足を合わせネットを揺らし3点目。その後も攻め続け、終盤にはFW小川を投入するもゴールは生まれず3―0で試合終了。今大会いまだ無失点のまま決勝へと駒を進めた。

 日本は同大会で過去6度決勝へ進むも全敗。アンダー世代のアジア選手権で唯一この世代だけがアジア制覇を成し遂げておらず、“悲願達成”への期待が高まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年10月27日のニュース