横浜FW富樫 中沢から“ボンバーヘッド”の極意を学ぶ

[ 2016年10月27日 05:30 ]

ヘッドの極意を中沢から学んだ富樫(左)
Photo By スポニチ

 横浜の富樫が“ボンバーヘッド”の極意を伝授された。全体練習後、苦手とするヘディングシュートを練習していると、DFながら国際Aマッチ通算17得点を誇る元日本代表DF中沢からアドバイスを受けた。

 「両足で跳ばない方がいいと。片足で跳んだ方が高く飛べるし、確実性が増すということでした」。3戦連発の期待が懸かる29日のアウェー鳥栖戦も先発が濃厚。ルーキーながら今季5得点と成長著しいFWは、新たな武器習得に貪欲だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年10月27日のニュース