故障から合流!新潟MFレオ 川崎F戦出場へ「ゴール奪いたい」

[ 2016年7月13日 05:30 ]

練習に合流した新潟MFレオ・シルバは笑顔を見せて川崎F戦への意気込みを語った

明治安田生命 J1第2S第3節 新潟―川崎F

(7月13日 等々力)
 新潟は12日、聖籠町のクラブハウスでアウェー川崎F戦に向けたセットプレーなどの確認作業を非公開で行った。

 前節のホーム湘南戦で右膝を痛めて別メニュー調整が続いていたMFレオ・シルバ(30)が合流。吉田達磨監督も「問題ない。練習では普通よりも頑張っていた」と川崎F戦出場を示唆。レオも「(別メニューの)2日間で回復できてベストの状態。トレーニングをやっていくうちに痛みもなくなってきた。問題なくプレーできる」と笑顔を見せた。

 川崎Fとは今季ナビスコ杯で0―5、ホーム戦で0―0の1分け1敗。今季これまでリーグ最多の39得点を誇る相手に対しレオは「激しくマークに行ってボールを奪い返して攻撃したい」と気合十分。チームは2試合連続無得点と苦しんでいるが「チャンスはつくれているし、フィニッシュのときにもっと落ち着いてプレーして決めきることが大事。川崎F戦はスペースができると思うので、ボールを奪ってゴールも奪いたい」と貪欲に攻め込む姿勢を見せていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年7月13日のニュース