豪州、必勝へ鉄のカーテン 27日来日、長期合宿

[ 2013年5月27日 06:00 ]

 オーストラリア代表が27日に来日し、打倒日本へ向け、関東近郊で長期合宿に入ることが分かった。関係者によると、かつて浦和を率いたオジェック監督は必勝を期し、徹底した鉄のカーテンを引く方針で、全ての練習を完全非公開で行う予定という。

 オーストラリアは今予選、過酷な日程に苦しみ現在B組3位に低迷。3大会連続のW杯出場に黄色信号がともっており負けられない試合が続く。多くの選手が所属する欧州、オーストラリアは既にシーズンを終えており、オジェック監督は長期合宿で万全の準備を進める構えだ。対戦相手が試合の1週間以上前に敵国に入るのは異例。高さとフィジカルの強さでは日本を上回っており、初のホームでのW杯出場決定を目指すザックジャパンにとって脅威となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年5月27日のニュース