横浜DF栗原 「時差ぼけない」FC東京戦でスタメン確実

[ 2013年3月29日 06:00 ]

ランニングする横浜のMF中村(右)とDF栗原

J1第4節 横浜―FC東京

(3月30日 日産ス)
 横浜の日本代表DF栗原勇蔵(29)が、30日のホームFC東京戦に先発することが確実となった。

 昨季は代表帰り直後の試合では疲労が考慮されスタメンを外れることもあったが、28日の練習ではフルメニューを消化。紅白戦でも中沢と組んで主力組のセンターバックでプレーした。

 代表の帰国便が約3時間遅れ、前夜に就寝したのは「(夜中の)1時」というが「時差ぼけはない」ときっぱり。代表期間中に行われた横浜のナビスコ杯も現地で早起きして「携帯のアプリで見た」という。チームは現在クラブ史上初の開幕から公式戦5連勝中。「マリノスのセンターバックは(失点)ゼロに抑えて当たり前。やられたら俺だけ叩かれる」と気合を入れていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年3月29日のニュース