G大阪 13年ぶりの公式戦3戦連続無得点

[ 2012年5月7日 06:00 ]

<大宮・G大阪>大宮に破れ、厳しい表情でピッチを後にする遠藤(右)らG大阪イレブン

J1第10節 G大阪0-1大宮

(5月6日 NACK)
 試合前に降り注いだ雹(ひょう)が暗雲を物語っていたのか…。G大阪は5連勝中と“お得意様”大宮相手に0―1の黒星。99年以来13年ぶりの公式戦3戦連続無得点でリーグ2連敗となった。

 4月28日の鹿島戦からスタメン4人を入れ替え。10年目でリーグデビュー戦となったGK木村に、大卒新人MF阿部をプロ初先発に抜てきした。木村は好セーブを見せ、阿部も起点となった。

 ただ決定機はMF倉田とMF遠藤のヘッド2つだけ。遠藤は「好機で決め切れていないし、その好機自体も多くない」と反省。倉田は「絶対に決めるという気持ちの差と思う」とまで言い切った。

 守備は全員が連動して今季一番のパフォーマンスを見せたが、今度は攻撃が停滞。G大阪を覆う雲は暗く、どんよりしたままだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月7日のニュース