【京王閣F1ナイター 前検日】S級2場所目に挑む篠田幸希「修行です」

[ 2024年6月21日 15:07 ]

S級2場所目の競走に挑む篠田幸希
Photo By スポニチ

 京王閣F1ナイターは22日開幕。S級の予選11Rには若手有望株の篠田幸希(25=群馬・123期)が登場。S級特進後、2場所目のレースに挑む。

 S級初戦がいきなり地元の前橋記念だった。結果は<2><8><1><9>。一次予選は突っ張り先行で2着に粘り込みクリアしたが、二次予選は主導権が握れず敗退。S級の厳しさを味わった篠田は「(A級とは)全然違いました。展開のスピードが早いし、仕掛けるタイミングも難しい」と振り返る。それでも闘志がさらに燃え上がったそうで「みんな脚力があるので戦いがいがある」と持ち前の負けん気の強さをかいま見せた。

 目標の選手はG1戦線で目覚ましい活躍をみせている同県の小林泰正(29=群馬・113期)。練習仲間で日体大の先輩にあたる小林の走りは篠田にとって理想形の一つ。「どんな展開でもあきらめない。粘り強い走りは見習いたい」と刺激を受けていた。

 今後はチャレンジャーとしてS級の上位陣に挑んでいく。「修行です。A級では突っ張り先行をあまりやってこなかったし、いろんなことをやっていきたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月21日のニュース