【函館新馬戦】スリーピース 武井師絶賛11秒7 佐々木も好感触「スピードがある」

[ 2024年6月14日 05:14 ]

同じ厩舎の古馬ブッシュガーデン(手前)と併せて芝コースで追い切ったスリーピース(撮影・千葉 茂)
Photo By スポニチ

 函館日曜5R新馬戦でデビューするスリーピース(牡=武井、父ミッキーアイル)の動きが鋭い。函館芝コースでの最終追いでは、佐々木を背にゴール前で一杯に追われ、5F64秒8~1F11秒7の好時計をマークした。

 鞍上は「スピードがある。血統的にカッとなるところがありそうだが、そういう部分がないのもいい」と好感触。動きを見守った武井師も「オンとオフがしっかりしている馬で乗りやすい。能力通りなら勝ち負け」と絶賛していた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月14日のニュース