【岸和田競輪 高松宮記念杯】松井宏佑 ピンチはねのけ大外から2着 反省の一戦もスピードはさすが

[ 2024年6月14日 20:05 ]

松井宏佑
Photo By スポニチ

 東の二予7Rの松井宏佑は最終ホームで8番手に置かれるピンチ。

 バックから仕掛けたが、先捲りで不発となった佐々木悠のあおりを受け、大きく膨れる不利な展開。それでも最後は大外を2着に突っ込んだ。

 個人上がり10秒9のスピードはさすが。

 「(道中)接触したりしてきつかった。最後2着に届いているが先行選手としてはいまひとつ」と反省点を口にした。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月14日のニュース