【京都新馬戦】ギータ愛馬ゴッドヴァレー先陣 夢の馬主“デビュー弾”へ

[ 2024年6月14日 05:20 ]

今週末にデビューするゴッドヴァレー(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 夢へのゲートが開く。プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐外野手が中央競馬で所有(馬主登録名はY’sレーシング)する愛馬3頭のうち、先陣を切ってゴッドヴァレー(牡=渡辺、父アルアイン)が京都日曜5Rでデビューする。昨年のセレクションセールで代理人を通して2860万円(税込み)で購入。2歳上の半姉に3勝クラスのアグラシアドがいる。

 5月上旬に栗東入厩。熱心に乗り込まれ、岩田望が騎乗した坂路の最終追いは4F51秒8と水準以上の時計で動いた。三浦助手は「息遣いはまだまだでも(調教の)時計は出ていますね。ゲートは3歳未勝利馬と一緒に出て、一番速かったぐらい。手を抜かず、コントロールが利きやすい。指示にしっかり応えてくれる」と素直で前向きな性格は初戦向きと話す。プロ野球選手になったころから馬主を夢見ていたというオーナーの初陣に吉報を届ける。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月14日のニュース