【住之江ボート G1太閤賞31日開幕】小池修平が熱烈PR 「グランプリの次くらいに大事な一戦」

[ 2024年5月28日 18:17 ]

「G1太閤賞競走」PRで来社した小池修平(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 大阪支部の小池修平(28)がボートレース住之江のPR隊とともに大阪市北区のスポニチ編集局を訪れた。

 昨年のグランプリ覇者・石野貴之や先週の多摩川SGで優出した毒島誠、馬場貴也らトップレーサーが集結する。

 地元周年競走を前に小池は「グランプリの次くらいに大事なレースと思っています。かなり強い気持ちで臨みます」と話し、「(大阪の選手は)アドバンテージは大きいと思います」と走り慣れた舞台での活躍を誓った。

 今節の目標を聞くと「優勝です」と力強く宣言。場内ではウエストランド、ネコニスズ、どぶろっくが出演する「すみのえ爆笑オンステージ!」(6月1日)や競輪選手・脇本雄太のトークショー(同5日)などイベントも盛りだくさん。

 大阪府都市ボートレース企業団の武田克彦事務局長は「(前年度の)3月に行われた太閤賞と同様に盛り上げていきたい」と話した。売り上げ目標は100億円。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年5月28日のニュース