【伊東競輪 開設73周年記念G3椿賞争奪戦 初日】12R 松井が仕掛ける

[ 2023年12月2日 04:30 ]

松井宏佑
Photo By スポニチ

 伊東競輪開設73周年記念G3「椿賞争奪戦」(優勝賞金505万円)は2日開幕。初日は12R特選をメインに一次予選が行われる。特選は小倉競輪祭決勝2着の松井宏佑の機動力に期待したが、今年の上昇著しい犬伏湧也の逆転も十分で熱戦が繰り広げられる。

【12R・松井が仕掛ける】

 <12R> 松井の機動力に期待したが激戦。自力型は松井、犬伏、山田で三分戦。先行力は犬伏がリードするが競輪祭2着の松井が好機に仕掛けて首位。犬伏の逆転も互角で(1)=(9)が押さえ。近畿勢は山田次第。

 (1)犬伏湧也 競輪祭は自分の準備不足もあり悔しい開催になった。その後はケアと練習。また切り替えて。伊東は初めて。自力。
 (2)和田健太郎 競輪祭はラインの自力のおかげで着はまとまったが乗ってる感じはまだ…。南関3番手。
 (3)南修二 競輪祭は決勝に乗れているが、いいレースもあるし脚力差を感じるのもある。少し休んで練習した。山田君の後ろ。
 (4)東口善朋 競輪祭の4、5走目は自分でやって何とか。疲れを残さないように練習した。近畿3番手。
 (5)松井宏佑 競輪祭の2走目から気持ちの入ったレースができた。来年につながるシリーズになったしG1を獲れるように頑張りたい。限界を超えたのでケア中心。走ってみて。自力。
 (6)神山拓弥 競輪祭は全然駄目でした。今はまだまだ。渡部さんと話して犬伏―渡部さんの3番手。
 (7)山田久徳 競輪祭はある程度動けたが決定打に欠ける感じでした。伊東は優勝もあるしイメージは悪くない。先頭で自力、自在。
 (8)和田真久留 11月は斡旋停止。実戦から離れているのがどうか。松井君の後ろは責任ある位置。
 (9)渡部幸訓 競輪祭は展開に恵まれた面はあるが番手としての内容はどうか。犬伏君の後ろ。連係は初。

【10R・武藤の番手差し

 <10R> 差し脚に安定感がある武藤が中心。自力型は小林、上杉、石原で三分戦になるが、近況成績で上回る小林が最終的に巻き返して番手武藤がG前で差す。

 (1)八日市屋浩之 森川君へへ。
 (2)小林泰正 いい感じで走れている。自力。
 (3)高原仁志 石原君へ。
 (4)上杉嘉槻 自力。
 (5)武藤龍生 競輪祭は鎖骨骨折からの復帰戦だった。3日目から状態は上がってきていた。小林君へ。
 (6)高橋泰裕 関東3番手。
 (7)石原颯 前回準決勝は作戦ミス。自力。
 (8)友定祐己 四国勢へ。
 (9)森川大輔 上杉君へ。

【11R・大石のホーム戦】

 <11R> ホームバンクの大石が別線の動きを見極め、好機に仕掛けて番手佐々木とのゴール前勝負に持ち込む。酒井―佐藤の福島勢は酒井次第で侮れない。

 (1)大石剣士 腰痛の状態は最近では一番いい。新しい練習も始めた。自力。
 (2)浜田浩司 今野君へ。
 (3)佐藤慎太郎 酒井君。
 (4)成田健児 南関3番手。
 (5)酒井雄多 自力。
 (6)寺沼伊織 前で切れ目から。
 (7)佐々木龍 1日の午前中に追加を受けた。信頼できる同期大石君の番手。
 (8)田村真広 寺沼君へ。
 (9)今野有樹 自力自在。

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2023年12月2日のニュース