ローズS2着ブレイディヴェーグ、秋華賞を回避してエリザベス女王杯へ 疲れと間隔を考慮

[ 2023年9月20日 15:19 ]

ブレイディヴェーグ
Photo By スポニチ

 17日のローズSで2着に入ったブレイディヴェーグ(牝3=宮田)は優先出走権を確保した秋華賞(10月15日、京都芝2000メートル)を見送り、エリザベス女王杯(11月12日、京都芝2200メートル)に向かう。20日、サンデーレーシングが発表した。

 レース後、両前脚の歩様が少し硬く、疲れがあり、過去に2度骨折している点を踏まえ、少し間隔を空けた方がいいと判断された。

 今後は21日に栗東トレセンを出発して22日に美浦トレセンに到着し、23日に福島県のノーザンファーム天栄に移動予定となっている。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2023年9月20日のニュース