【オールカマー】“夏女”マリアエレーナ万全 陣営「スイスイ走っていました」

[ 2023年9月20日 05:23 ]

マリアエレーナ
Photo By 提供写真

 この異例の暑さが援軍になる。1番人気4着に甘んじた小倉記念からの反撃を誓うマリアエレーナが他馬に先んじて火曜追い。意欲的に時計を出して、絶好調をアピールした。

 CWコース単走で3角過ぎからグンと加速。スピードに乗って直線へ。最後も手綱をシゴいて気を抜かさせない。6F79秒8~1F11秒5は牝馬の最終追いとしては相当速い。過去のレースと比較しても意欲的だ。動きを確認した高島助手は「いつも通り最後はCWで。ある程度時計は出るなと思っていましたが、単走でもしっかり動いてスイスイ走っていましたね」と満足げだ。

 前走後は放牧に出さず、在厩で調整。昨夏小倉記念を制した“夏女”とあって暑さもへっちゃらだ。「残暑が厳しく暑さを苦にする馬もいると思います。こっちは夏場に使っている強みがありますし、体調は万全」と高島助手は力強い。「1ハロンの距離延長が課題」と話すが、タイトルホルダーが敢然と引っ張る展開なら、位置取りは絶好のはず。先んじた仕上がり、完成度で強豪に斬り込む!!

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2023年9月20日のニュース