×

【函館新馬戦】ビッグアーサー産駒のアネモス 池添が高評価「馬っぷりがいい」

[ 2022年7月1日 11:10 ]

16年の高松宮記念を制したビッグアーサー
Photo By スポニチ

 2日の函館5R(芝1200メートル)はビッグアーサー産駒のアネモス(牝=北出)が好気配だ。

 16年高松宮記念を制した父の産駒は、京王杯2歳Sで2着のトウシンマカオ、先週のHTB杯を制したグランアリエルなど、スピードが勝ったタイプが多く出ている。

 調教に騎乗した池添は「1200メートルは全然大丈夫だと思う。追い切りも水準くらい動けていて格好は付いています。馬っぷりがいい」と好感触だった。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年7月1日のニュース