×

【ドバイゴールデンシャヒーン】地元の伏兵スイッツァランド強襲V オシェア「全てうまくいった」

[ 2022年3月27日 13:39 ]

レースを制したスイッツァランド(AP)
Photo By AP

 日本馬も米国馬も、まとめてねじ伏せた。道中、中団のインで脚をためた地元の伏兵13番人気スイッツァランド(セン8=シーマー、父スペイツタウン)が直線エンジン全開!ジワッと外に出して進路を確保するとラスト1F手前で抜け出し、2着レッドルゼルに1馬身3/4差でG1初制覇のゴールへ。サウジ遠征の前走・リヤドダートスプリント6着から走り慣れたメイダンに戻って巻き返した。

 オシェアは「2走前に勝ったときのような脚を使えれば、いい競馬になると思っていた。全てうまくいった」と笑顔。シーマー師は「今朝タドゥ(オシェア)と話してプランを立てた。多くの人に感謝したい。8歳だけど、まだ良くなる余地がある」と喜びに浸りつつ先を見据えた。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年3月27日のニュース