×

【阪神JF】(10)サークルオブライフ 心身に余裕、懸念材料少ない

[ 2021年12月11日 05:30 ]

 アルテミスSの覇者サークルオブライフは真ん中の5枠10番。国枝師は「理想的な枠だね。本質的にはもう少し距離があった方がいいが、言い訳できない。心身共に余裕があるのは何より。輸送も問題ないし、懸念材料が少ない」と余裕の表情。数々の名牝を育ててきた名伯楽が、09年アパパネ以来となる阪神JF制覇を狙う。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2021年12月11日のニュース