京王杯SC2着トゥラヴェスーラ 肺からの鼻出血で富士S回避

[ 2021年10月7日 11:38 ]

トゥラヴェスーラ
Photo By 提供写真

 5月15日の京王杯SC2着後、放牧を挟んで秋に備えていたトゥラヴェスーラ(牡6=高橋康、父ドリームジャーニー)は6日の追い切り(栗東坂路4F52秒1~1F12秒5)後、鼻出血を発症したため、富士S(23日、東京芝1600メートル)回避が決まった。社台グループオーナーズが発表。

 すぐに内視鏡検査を受けたところ、以前も発症した肺からの出血と判明。今後は予定を白紙に戻して休養に入り、肺の回復を促す。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月7日のニュース