【中山新馬戦】ブラックルパン初陣V 丸田「競馬が上手」

[ 2021年9月18日 12:30 ]

 中山4Rの2歳新馬戦(ダート1800メートル)は、好位で折り合った7番人気ブラックルパン(牡=池上、父ブラックタイド)が直線で鋭い伸び脚。先に抜け出していた1番人気ドリームアジェンダを楽に捉え、2馬身突き放して初陣を飾った。

 騎乗した丸田は「競馬の前はおっとりしていて、どうかと思ったが、レースでは一生懸命走ってくれた。砂をかぶっても大丈夫で競馬が上手」と評価。

 池上師は「除外で余計に乗り込んで動ける態勢だったが、レースもうまくいった。今後もダートで、おっとりした気性を生かせる条件を探したい」と話した。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月18日のニュース