【中京新馬戦】ラキエータV 松山「いい形で脚をためられた」

[ 2021年9月18日 19:31 ]

 18日の中京5R新馬戦(芝1200メートル)は1番人気ラキエータ(牝=音無、父キンシャサノキセキ)が快勝。道中4番手に控える味なレース運びで直線、抜け出し後続を完封した。G1・2勝インディチャンプの半妹にあたる血統馬。松山は「いい形で脚をためられた。小さいけどバランスがいい馬で、不良馬場もこなしてくれた」と評価した。

続きを表示

「2021 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2021年9月18日のニュース