【中京新馬戦】トゥデイイズザデイ 黄金タッグで初陣Vだ

[ 2021年9月14日 05:30 ]

Road to 2022

日曜中京芝2000メートルを武豊でデビュー予定のトゥデイイズザデイ
Photo By スポニチ

 12日の仏フォワ賞はディープボンドが逃げ切って海外重賞Vを決めた。トゥデイイズザデイは同じ“チーム・ノースヒルズ”の期待馬。19日の中京芝2000メートルを鞍上・武豊でデビューを予定している。田重田助手は「続ければいいですよね」と笑顔。いい風は吹いている。

 9日にCWコースで1週前追い切りを消化。夜が明け切らぬ開門直後でも、力強い脚取りははっきり見て取れた。3頭併せで直線は最内に進路を取り、ラストはシャープに伸びた。雨の影響で重くなった馬場をものともせず、6F83秒0~1F11秒9をマーク。感触を確かめた武豊からも賛辞が飛び出す。

 「凄くいい動きでした。反応もいいし、乗り味もいい。フットワークの良さは(父の)ディープが出ている感じ。気性も素直ですし、楽しみですね」

 母キトゥンズクイーンは米GIダイアナS(芝1800メートル)3着の実績を持つ。同じ池江厩舎に所属する半兄ヴィヴァン(父ハーツクライ)は、18日の中京9R金山特別(芝2200メートル)に登録がある。きょうだいで土日V、そんな思いも膨らむ。田重田助手は素質に手応えを感じ取っている。

 「素材としてはいいものを持っています。瞬発力がありそうなタイプ。我が強いところはありますけど、おとなしいです。期待していますし、現時点でどれだけやれるかですね」

 デビューへ向け、坂路を併用してきっちりと乗り込んできた。馬名のトゥデイイズザデイとは「今日が最高の一日」という意味。父ディープインパクト×鞍上・武豊の黄金タッグが、素晴らしき日曜日を演出する。

続きを表示

「オールカマー」特集記事

「神戸新聞杯」特集記事

2021年9月14日のニュース