【浦和11R・プラチナC】ダノンレジーナ重賞連勝!

[ 2021年7月22日 05:30 ]

重賞連勝を狙う実力派牝馬ダノンレジーナ(TCK提供写真)
Photo By 提供写真

 充実牝馬(9)ダノンレジーナが20年夏の雪辱を果たす。地方に限れば通算22戦17勝。昨年は当レースで重賞に初挑戦し、ベストマッチョの0秒6差3着だったが、その後の躍進ぶりが素晴らしい。G1・JBCレディスクラシックで地方勢最先着(0秒8差4着)。昨年暮れの大井と前走で牝馬重賞を制した。しらさぎ賞Vから1キロ減の別定56キロで同じ地元7Fなら牡馬相手でも3個目のタイトル獲得だ。

 対抗は連覇を狙うベストマッチョ。昨秋以降は白星こそないが当距離で重賞2着3回、うち2回はダートグレード。今回は南関馬同士で相性のいいコースだけに勝ち負け必至とみた。浦和移籍3戦目を圧勝したグランドボヌールが続く。

 浦和競馬のスポニチ予想がコンビニ各社のプリントサービスで1枚200円で販売中(各開催日午前7時~午後9時)。鉄板レースや指数などの情報も。

 詳しくはhttps://www.e-printservice.net/content_detail/spopriへ。

続きを表示

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年7月22日のニュース