武豊 五輪の注目競技は「馬術です」、パラ出場の元JRA騎手・高嶋活士を応援

[ 2021年7月22日 05:30 ]

武豊
Photo By スポニチ

 【東西ドキュメント・函館=21日】東京五輪の一部競技がスタート。函館滞在の武豊も「チケットは持っていましたが(無観客で)行けないのでテレビで見ます」と熱視線。「注目競技?馬術です」。パラリンピックの馬術競技には元JRA騎手の高嶋活士(28)が落馬事故からのリハビリを経て出場。「彼は凄く真面目。五輪出場は本当に凄いこと。応援したい」

 24日に英アスコットで行われるキングジョージ6世&クイーンエリザベスSも武豊注目のビッグイベント。キーファーズの松島正昭代表がクールモアと共有するブルーム(牡5)とジャパン(牡5)がエントリー。凱旋門賞(10月3日)に向けて重要なレースだ。「凱旋門賞は2年続けて直前で振られたレース(19年は直前回避のブルームに替わりソフトライト騎乗)。使うなら凱旋門賞に行きます。一番好きなレース。その間、日本で乗れませんがそれだけの価値はある」。そして続けた。「僕が乗るなら蛯ちゃん(蛯名正師)も来てくれるって」。小田は同期愛をほほ笑ましく感じた。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年7月22日のニュース