×

【七夕賞】3年目・岩田望、マウントゴールドと待望の重賞初制覇へ「冷静に騎乗する」

[ 2021年7月7日 05:30 ]

<七夕賞>岩田望と重賞初制覇を狙うマウントゴールド
Photo By スポニチ

 今週の福島メインは夏の名物重賞「第57回七夕賞」。3年目の成長株、岩田望来(みらい、21)がマウントゴールドとのコンビで重賞初制覇に挑む。同期の勝ち頭はここまで重賞では2着4回など惜敗続き。64回目のチャレンジで待望の初タイトルなるか。一方、父の岩田康誠(47)はショウナンバルディで全10場重賞制覇&重賞100勝に挑戦。夏のみちのくを舞台にした父子対決に注目だ。

 岩田望は七夕賞でマウントゴールドに騎乗する。栗東所属とあって福島遠征の機会は少なく、重賞騎乗はこれが初めて。「福島での騎乗機会は少ないですが、騎乗依頼の声をかけていただいた。結果を残して期待に応えたい。そして重賞タイトルを獲りたいですね」と意気込む。

 初コンビを組んだ前走・都大路Sは2番手追走からしぶとく抜け出し、18年10月オクトーバーS以来の勝利に導いた。岩田望は「隣の馬がハナへ行ったので2番手から運びました。最後は苦しくなるかなと思ったけど、(2着の)マイラプソディが迫ってくるともうひと伸びしてくれました」と振り返る。約2年半ぶりの勝利で息を吹き返した実力馬。「ベテランらしい味のある競馬でした。8歳でも衰えはなかったです」と古豪復活に目を細めた。

 前走後は放牧で英気を養い、6月半ばに帰厩後は坂路、CWコースで計8本時計を消化した。中でも先週の追い切りが圧巻の走り。CWコース単走で6F82秒6~1F11秒6とシャープな脚さばきを披露した。鞍上は「この中間は騎乗していませんが、先週の追い切りの時計が良かったですね。陣営の方からも“動きはいい”と伝えてもらいました」と声を弾ませた。

 デビュー3年目を迎え、同期でトップの150勝をマーク。一方で重賞Vは斎藤、団野、菅原明、亀田に先を越された。岩田望もそろそろ“勲章”が欲しいところ。「同期が重賞を勝っていますが、焦りはないですね。ひと鞍ひと鞍、冷静に騎乗することを常に心がけています」と前を向く。21歳の若武者が、今度こそ重賞タイトルをつかみ取る。

続きを表示

この記事のフォト

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2021年7月7日のニュース